ピタゴラス数秘学とは

カバラ
数秘の始まりは、紀元前6世紀頃、宇宙万物の波動を読み解く数の「数秘学」としてピタゴラスによって研究・提唱されたものとして伝えられています。

数学者で有名な彼は、幾何学、天文学、音階論などを含んだ、総合的な哲学者でもあり、その根本的な視点は、自分を知ること、「私とは誰か」の答えを求めることでした。

古代の賢者にとって「数字」はあらゆる物事を解き明かすキーワード。
彼らは数字によって宇宙や人間の本質をつかみ、運命を予知し、
魂の成長のための術として利用していたのです。

数秘は、単なる占いとしてではなく、数の象意を ≪自分自身の心を見つめる鏡≫ として捉え、
その気づきによって心や意識に良い変化をもたらし、
本来その人があるべき軌道へと導いてくれる
人生の羅針盤のようなものです。
Numerologyという古代からの数の神秘は、「ありのままのあなた」を映し出してくれます。

 

■数秘はこんな人におススメ
自分の適職や進む方向など、自分探しをしている人
自分の抱えている様々な問題を、違う角度から見てみたい人
人生の設計図を読み解いて自分らしく生きてみたい人

■セッションメニューはこちら

 

予約・お問い合わせ
info@yogayoga.sakura.ne.jp

090-3990-7733
(彩圭